新型コロナウイルス感染症に対する当院の取り組みについて

2020/05/18

当院はそもそもスタンダードプリコーション(標準予防策)に基づいた感染予防に努めており、飛沫・接触・空気感染予防に努めつつ通常通りの診療を行なっておりますが、患者様と職員の安全と健康を考え、さらに以下の取り組みを行っております。

・職員はマスクを常時着用し、手洗い、手指の消毒を徹底しております。
 診療中はゴーグルもしくはフェイスガードを着用しております。
 また、毎日出勤時の体温測定、体調管理を実施しております。
・診療室、レントゲン室、待合室等の消毒を徹底しております。
・患者様には治療前にアルコールを含む洗口液でのうがいをお願いしております。
・患者様にはマスクの着用と、受付時に検温と手指の消毒をお願いしております。
・患者様には密を防止する為に、間隔をあけてお座り頂くようにご案内しております。
・定期的に換気を行っております。
・受付には、飛沫感染防止の為、シールドを張っております。
・待合室の雑誌等は撤去しております。

患者さまへのお願い

下記の様な症状があり新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は受診を控え、必ず厚生労働省や市町村の電話相談窓口にお問合せのうえ、指示を受けていただきますようお願い致します。
 ・平熱以上の発熱がある
 ・強い倦怠感や筋肉・関節痛がある
 ・鼻水、のど痛など風邪症状がつづいている
 ・乾いた咳、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状がある
 ・突発的な味覚、嗅覚の異常がある

連絡・相談先
新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話窓口
0120-565653 (毎日9時~21時)
札幌市 新型コロナウイルス一般電話相談窓口
011-632-4567 (毎日9時~21時)

また、14日以内に流行地域に滞在された方や感染患者さんとの濃厚接触の可能性がある方につきましては,来院前にお電話にてご相談ください。

一覧へ戻る